影男のgdgd生活日記読書篇

主に漫画とかラノベのとかの感想を書こうと思います。旧ブログ→http://ameblo.jp/nagatofan/

ラノベ部というのを読んでみた。

ラノベ部 (MF文庫J)
平坂 読
メディアファクトリー
2008-09







あらすじ
物部文香はごくごく普通の高校1年生。高校に入学して1週間、今まで通りさして特徴のないごくごく普通の毎日を送って来た文香だが、ある時ふと気が付くと軽小説部、通称「ラノベ部」に所属することになっていた。かといってたいそうな事件が起こることはなくラノベを読んだりちょっとだけ変わった友情を育んだり一風変わった先輩に絡まれたりと楽しく日常を過ごしたり過ごさなかったりしていた。そんなどこにでもありそうな、でもどこにでもなさそうな日々が繰り広げられている新感覚ライトノベルのはじまりはじまり。

ちょこっと感想
簡単に言うと「ラノベ」というのを題材にしてキャラクター同士の掛け合いに重きを置いた作品。
主人公(女性です)が今までラノベに対してまったく触れたことのない状態から軽小説部ことラノベ部に入部するというところからスタートし、ところどころにラノベに関する小ネタも散りばめられているので「ラノベって何?」とか「ラノベってどんなの?」みたいに思っている人や初心者におすすめの作品です。 

これ2008年に出た作品だから作中で小ネタとして登場する作品もわりと昔の作品ばっかだけどその中でも有名な作品(シャナとかハルヒとかマリみてとかねろくま。とか)がほとんどなので若い人にもおすすめです


同作者の作品は、「僕は友達が少ない」 「妹さえいればいい。」も合わせて読んだけどこれが1番好きかな。

上2つは掛け合いネタが下ネタばかりだけどこの作品は下ネタはあまりないから不快じゃないし(百合と腐はあるけど)

まあなんというかラノベにあるべき姿って感じ


おすすめ度
★★★★☆ 

Only Sense Online―オンリーセンス・オンライン― と言うのを読んでみた。




【あらすじ】

【センス】と呼ばれるスキルを組み合わせ「唯一」の強さを目指すVRMMORPG―通称「オンリーセンス・オンライン」
親友のタクや妹のミュウたち廃ゲーマーが攻略に突き進む中、「ゴミ」「使えない」と名高い不遇センスばかりを取得してしまったゲーム初心者のユン。できることといったらひたすらポーションを生産することだけ。そんな日々の中、ユンは「トップ生産職」として活躍するお姉さん・マギと出会う。
誰も知ることのなかったアイテム生産や補助魔法の可能性に気づいたとき、サポートスタイルに革命をもたらす最強の初心者プレイヤーが誕生する


【プチ感想】
はい。今流行り(なのかなあ?)のVRMMOのネトゲ題材のラノベです。


ちなみに小説家になろうから書籍化されたやつだそうで。


タイトルが「Sword Art Online」に似てる・・・


この手のラノベって主人公が剣とか魔法使ったりして俺TUEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEする印象でしかもこれなろう原作だからやっぱこのラノベもそういう系なのかなあって思ってた。

でもいざ読んでみると、ゴミセンスばっかとって生産職としてポーション作っては売ってそれで畑買って金欠、そんでもってまたポーション作って売っての以下無限ループ的な感じで面白いなあと感じた。


どっちかって言うと前衛で俺TUEEEEEEEEEEEするよりはサポート方ですかね



あとネカマって言うのかな? 主人公のアバターが機械の誤認(笑)で女になってって言うのも割りと面白かった。


全体評価としては60点くらいかな。序盤でのスキルのレベル上げ展開が少し退屈だった。


なんか序盤の方の展開のせいでカタルシスを味わえないっていうかなんというかスカッとしない。


まあレベル上げと当時に設定の説明も出来ちゃうからしょうが無いといえばしょうがないけど



【おすすめ度】
★★★★☆









ていうか今まで電撃とかMFとかばっか読んでて富士見ファンタジア文庫の本久しぶりに読んだから読みにくすぎィ
デザインが悪いわこのレーベル

精霊使いの剣舞14巻を読んだ

精霊使いの剣舞14 帝都動乱 (MF文庫J)
志瑞祐
KADOKAWA/メディアファクトリー
2015-07-24


【あらすじ】
極寒の地ローレンフロストにて異界の闇と融合した〈ジルニトラ〉を打ち倒し、リンスレットの妹、ユーディアを救い出したカミト。そんな彼の前に姿を現したのは精霊王の祭殿で消滅したはずのレスティアだった。だが再開の喜びの束の間、契約精霊であった頃の記憶を失ってしまったと言う彼女の様子にカミトは戸惑う。はたして今の彼女は精霊なのかそれとも・・・。

【前巻のざっくりした流れのおさらい】
レスティアと思わしきのがローレンフロストの森にて発見されたからリンスレットの里帰りに付いて行って見に行くよ。

ローレンフロスト領の森にて氷華の女王〈ジルニトラ〉を倒しユーディアを開放

レスティアと思わしき人物(?)との邂逅

14巻に続く

延期延期&延期

【一言感想】
3日前くらいに読んだからあんま内容覚えてない。
1年ぶり新刊ということで内容忘れてたけど途中まで読んでて「ああこんなのあったな」って感じで読んでた。

今回のメインはサブタイトルの「帝都動乱」とあるようにオルデシア帝国の内部分裂によるグッダグダな有り様と〈異界の闇〉の力を持ったミレニア枢機卿+11巻だかで開放した火の精霊王の転生体を擁する神聖ルギア王国をの扱いをどうするかの会議のお話。


まあまず思ったのは記憶喪失状態レスティアくっっっっっっっそかわいい
名前以外の記憶失って儚げな感じの少女になってイイね


あとは相変わらずこの主人公滅茶苦茶強いしかっこええなと



全体的に読んで思ったことは着々と今やってる「精霊戦争編」の話を進めるために伏線やら話を広げてるな~っていう印象


特に今まで敵キャラとして出てきたルビアやらヴェルサリアやらが再登場する展開が熱い



どんどんお話の規模が大きくなっていって読むのが楽しくなってくるシリーズ。次巻にも大変期待が持てる。




というかレスティア関連はまだ放置なのね。





ギャラリー
アーカイブ
  • ライブドアブログ