影男のgdgd生活日記読書篇

主に漫画とかラノベのとかの感想を書こうと思います。旧ブログ→http://ameblo.jp/nagatofan/

MF文庫J

アブソリュート・デュオ9 読んだ

アブソリュート・デュオIX (MF文庫J)
柊★たくみ
KADOKAWA/メディアファクトリー
2015-07-24


あらすじ
《焔牙》―それは超過された精神力によって自らの魂を具現化させて創りだす武器。滞在に心を狂わせた美姫との戦いの果てにかつて失った妹、音羽が透流の元へ還ってきた。その命は長く続くものではないという残酷な運命とともに。透流たちは音羽に待ち受ける未来を知らず、温かく平和な日々に迎え入れる。しかしそれも長くは続かず新たな戦いの影が迫っていた。《666》の催す狂乱の宴―《修羅會》へ、透流たちは闘士として参加することになってしまう。そこに待ち受けるのは巴に縁の深い人物で・・・!?

一言感想
うさ先生が表紙だけど話のメインは巴の1冊
巴の元許嫁登場 からのレベルアップの話
全体的な流れとしては今までと同じでいちゃいちゃしながら最後にシリアスバトル

うーんなんかいまいちかな

あんまり話が進んでないような・・・ 

なんか《聖庁》だの《666》とかいうよく分からないテロリストが出てきたからいまいちだな


3巻までみたいにハーレムラブコメしてりゃ面白いのに。実際今回もそのシーンは面白かったし



けど音羽はくっっっっっっっそかわいかったよ。怒ったのもめっちゃかわいい


けどまた死にそう


ちなみに今回で

トール金銀→レベル6
みやび→レベル3
巴→レベル4になりました

《星紋狂衡》という短期間のパワーインフレを防ぐ枷が出てきたと言え相変わらずのインフレっぷりですな





 

ラノベ部というのを読んでみた。

ラノベ部 (MF文庫J)
平坂 読
メディアファクトリー
2008-09







あらすじ
物部文香はごくごく普通の高校1年生。高校に入学して1週間、今まで通りさして特徴のないごくごく普通の毎日を送って来た文香だが、ある時ふと気が付くと軽小説部、通称「ラノベ部」に所属することになっていた。かといってたいそうな事件が起こることはなくラノベを読んだりちょっとだけ変わった友情を育んだり一風変わった先輩に絡まれたりと楽しく日常を過ごしたり過ごさなかったりしていた。そんなどこにでもありそうな、でもどこにでもなさそうな日々が繰り広げられている新感覚ライトノベルのはじまりはじまり。

ちょこっと感想
簡単に言うと「ラノベ」というのを題材にしてキャラクター同士の掛け合いに重きを置いた作品。
主人公(女性です)が今までラノベに対してまったく触れたことのない状態から軽小説部ことラノベ部に入部するというところからスタートし、ところどころにラノベに関する小ネタも散りばめられているので「ラノベって何?」とか「ラノベってどんなの?」みたいに思っている人や初心者におすすめの作品です。 

これ2008年に出た作品だから作中で小ネタとして登場する作品もわりと昔の作品ばっかだけどその中でも有名な作品(シャナとかハルヒとかマリみてとかねろくま。とか)がほとんどなので若い人にもおすすめです


同作者の作品は、「僕は友達が少ない」 「妹さえいればいい。」も合わせて読んだけどこれが1番好きかな。

上2つは掛け合いネタが下ネタばかりだけどこの作品は下ネタはあまりないから不快じゃないし(百合と腐はあるけど)

まあなんというかラノベにあるべき姿って感じ


おすすめ度
★★★★☆ 

精霊使いの剣舞14巻を読んだ

精霊使いの剣舞14 帝都動乱 (MF文庫J)
志瑞祐
KADOKAWA/メディアファクトリー
2015-07-24


【あらすじ】
極寒の地ローレンフロストにて異界の闇と融合した〈ジルニトラ〉を打ち倒し、リンスレットの妹、ユーディアを救い出したカミト。そんな彼の前に姿を現したのは精霊王の祭殿で消滅したはずのレスティアだった。だが再開の喜びの束の間、契約精霊であった頃の記憶を失ってしまったと言う彼女の様子にカミトは戸惑う。はたして今の彼女は精霊なのかそれとも・・・。

【前巻のざっくりした流れのおさらい】
レスティアと思わしきのがローレンフロストの森にて発見されたからリンスレットの里帰りに付いて行って見に行くよ。

ローレンフロスト領の森にて氷華の女王〈ジルニトラ〉を倒しユーディアを開放

レスティアと思わしき人物(?)との邂逅

14巻に続く

延期延期&延期

【一言感想】
3日前くらいに読んだからあんま内容覚えてない。
1年ぶり新刊ということで内容忘れてたけど途中まで読んでて「ああこんなのあったな」って感じで読んでた。

今回のメインはサブタイトルの「帝都動乱」とあるようにオルデシア帝国の内部分裂によるグッダグダな有り様と〈異界の闇〉の力を持ったミレニア枢機卿+11巻だかで開放した火の精霊王の転生体を擁する神聖ルギア王国をの扱いをどうするかの会議のお話。


まあまず思ったのは記憶喪失状態レスティアくっっっっっっっそかわいい
名前以外の記憶失って儚げな感じの少女になってイイね


あとは相変わらずこの主人公滅茶苦茶強いしかっこええなと



全体的に読んで思ったことは着々と今やってる「精霊戦争編」の話を進めるために伏線やら話を広げてるな~っていう印象


特に今まで敵キャラとして出てきたルビアやらヴェルサリアやらが再登場する展開が熱い



どんどんお話の規模が大きくなっていって読むのが楽しくなってくるシリーズ。次巻にも大変期待が持てる。




というかレスティア関連はまだ放置なのね。





ギャラリー
アーカイブ
  • ライブドアブログ