【あらすじ】

【センス】と呼ばれるスキルを組み合わせ「唯一」の強さを目指すVRMMORPG―通称「オンリーセンス・オンライン」
親友のタクや妹のミュウたち廃ゲーマーが攻略に突き進む中、「ゴミ」「使えない」と名高い不遇センスばかりを取得してしまったゲーム初心者のユン。できることといったらひたすらポーションを生産することだけ。そんな日々の中、ユンは「トップ生産職」として活躍するお姉さん・マギと出会う。
誰も知ることのなかったアイテム生産や補助魔法の可能性に気づいたとき、サポートスタイルに革命をもたらす最強の初心者プレイヤーが誕生する


【プチ感想】
はい。今流行り(なのかなあ?)のVRMMOのネトゲ題材のラノベです。


ちなみに小説家になろうから書籍化されたやつだそうで。


タイトルが「Sword Art Online」に似てる・・・


この手のラノベって主人公が剣とか魔法使ったりして俺TUEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEする印象でしかもこれなろう原作だからやっぱこのラノベもそういう系なのかなあって思ってた。

でもいざ読んでみると、ゴミセンスばっかとって生産職としてポーション作っては売ってそれで畑買って金欠、そんでもってまたポーション作って売っての以下無限ループ的な感じで面白いなあと感じた。


どっちかって言うと前衛で俺TUEEEEEEEEEEEするよりはサポート方ですかね



あとネカマって言うのかな? 主人公のアバターが機械の誤認(笑)で女になってって言うのも割りと面白かった。


全体評価としては60点くらいかな。序盤でのスキルのレベル上げ展開が少し退屈だった。


なんか序盤の方の展開のせいでカタルシスを味わえないっていうかなんというかスカッとしない。


まあレベル上げと当時に設定の説明も出来ちゃうからしょうが無いといえばしょうがないけど



【おすすめ度】
★★★★☆









ていうか今まで電撃とかMFとかばっか読んでて富士見ファンタジア文庫の本久しぶりに読んだから読みにくすぎィ
デザインが悪いわこのレーベル